FC2ブログ

2005年12月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリレオ衛星

カテゴリ:日記

12/13

前回書いたとおり、今は星が綺麗に見える。
初めてもらった天体望遠鏡は口径50㍉、
ついてる接眼レンズが50倍と100倍という、
本当に初心者向けのやつだった。
まぁ会社の忘年会みたいなやつの景品なんだから
そういいものではなかったのは確かだが
めちゃくちゃうれしかったのは今でもはっきり覚えている。
それからというもの俺はほとんど毎晩
庭で天体観測をするようになった。

と、いっても当時知ってる天体なんてないし、
適当に明るい星を探して見るのしかなかったのだが、
目標の天体を捕らえるのがめちゃくちゃ難しかった。
「ファインダー」という小型のスコープみたいなのがあって
それでおおよその場所を決めてから
望遠鏡をのぞくのが正しい方法なのだが
説明書も読むのももどかしかった俺は
とにかく苦労しまくった。

さすがに見たい天体が見れないのは悲しいので
説明書を読んでやっとちゃんとした方法で
観測ができるようになった。
しかし適当に明るい星を見ても
大概は遥か彼方の恒星なので色こそ違えど
見た目はそれほど変わらなく、
天体観測の雑誌にのってるようなビジョンを
期待していた俺は少しがっかりした。

そんなある夏の日、ひときわ明るい星があったので
のぞいてみると今までと明らかに違う。
まずでかいのだ。それになんだか縞模様が見える。
そのでかい星の周りに小さい四つの光が見えた。
その四つの光を見て俺は確信した。これは木星だ!

はじめて見る太陽系の惑星。
期待していたほど大きなビジョンではなかったが
ちゃんと木星の縞模様も見えるし
あの有名なガリレオ衛星をこの目で見れたことに感動した。

次に見たのが月。これは本当に見やすい。
初心者は月から見たほうがよかったのだろうが
望遠鏡を手に入れた時ちょうど新月だったのだ。
月は本当にでかくて明るくて綺麗で何時間見ててもあきない。

ある晩少し暗めの天体をのぞいて驚いた。
なんと土星だったのだ。本当に偶然みつけられたのだ。
木星に比べると小さくてホント米粒みたいにしか見えないが
あの輪っかがあるのですぐわかった。
このときの感動はいふもおろかなりって感じだ。

いつだったか今度は屋根の上で観測しようとしたときに
ファインダーが落ちてしまってどこに行ったか
わからなくなってしまった。
しかしそれまでの観測でコツをつかんでいたのだろう、
目標の天体にセットすることはできるようになっていた。

今では天体観測をする回数もめっきり減ってしまったが
こないだ久しぶりに月をみた。
ファインダーなしで目標天体をとらえられることを再認識して
すこしばかりいい気になった。

そのうち時間が取れるようになったら
少し大きめの天体望遠鏡を買ってみようかとおもっている。
反射式の口径150㍉くらいのやつ。
多分オークションで割と安く買えるはずだ。
いい時代になったものだとつくづく思う今日この頃だ。

追伸
南半球では北半球で見える星座が
上下反対に見えるの知ってます?
昔親戚にオーストラリアに連れて行ってもらったときに
星空をみたらオリオン座がひっくり返っていて
非常におどろいた記憶があります。
皆さん南半球に行く機会があればぜひ星空も見てくださいな。
おもしろいですよ~
スポンサーサイト

12/08

しっかしまぁなんでしょね、この寒さは。
ほんま急にやってきたからなぁ、今年の寒波は。
でもね、寒い寒いとグチッってはいても
冬は冬で好きなんよねぇ。

まず海の幸がいつもよりうまい気がする。
あと寒い中どっか行って
家に帰ってきたときに飲むホットミルクティーがうまい。
ティラミスとセットなんかだとこりゃもうたまらんってなる。
まぁそういうのは喫茶店とかで飲んだほうが
格段においしいはずやけどね

でも一番の理由は星が綺麗に見えるから!
俺は昔っから宇宙とかそんなん好きで星はよく見てた。
夏なんかは屋根の上に寝そべってただボーっと星をみる。
二時間もみてたら流れ星のひとつやふたつは見える。

でも一番綺麗なんはやっぱ冬の星空。
すんごい寒いのは確かだけど空気が澄んでる時は
それに耐えてでも見る価値はある。
あと星座を見つけやすいし、
望遠鏡で見ると面白い天体もたくさんある。

天体望遠鏡は小学校のときに親父にもらった。
会社の忘年会かなんかの景品でもらったやつで
安っぽいやつだったけど当時の俺は本当にうれしかった。
今はいろんな部品とかなくなったりしてるけど
コツを知ってるので俺だけはちゃんと使える。

今オススメしたい天体はまずはオリオン座。
あれはすぐわかる。星が三つなかよくならんでいるからだ。
その三つの星の少し下のほうになんかモヤみたいなんがある。
それはオリオン座大星雲M42といって
望遠鏡でみてもとてもおもしろい。
すごく口径大きくて倍率のいい望遠鏡でみたら
鳥が羽を広げているみたいにみえるそうだ。

あとはノーマルに月かな。
一番切望しているシチュエーションとしては
雪化粧をと満月。
俺の家の近所の大池なんかで一度は撮ってみたい絵だ。

皆さんは星、好きですか?
ずっと見てなくてもいいですから
駅から家までの間にでも
ほんのちょっと立ち止まって空を見上げてごらん。
なんかちょっと元気でるよ。

12/06

俺は自慢じゃないが霊感というものが全くないらしい。
幽霊を見たこともない。
でもだからといってその存在を否定する気は全くない。

名古屋で最初に借りた部屋は「八事霊園」という
名古屋の人なら一度は聞いたことのある
とにかくでかい墓場の一角にあった。
夜中に「ピシッ」「カタン・・・」といった物音もよくした。
いわゆるラップ現象というやつだろう。

でも音を立てるくらいなんで別に怖くもなく
「あんま悪させんといてぇや」と
虚空に向かって喋ってまた布団に潜りこむということも
よくあった。

ただ一度だけ愕いたことがある。
そのころから自作パソコンを
友人の手助けの下始めたのだが
調子が悪くて突然電源が落ちるというのは
割とありふれた現象なのだ。熱暴走とか起こしてね。
でもそれが逆に起こることはまず理論的に起こりえない。
しかしある日、目を覚ますと同時にそれが起こったのだ!
つまり「パソコンの電源が勝手に入った」のだ。
これにはさすがに愕いたが数分後には

「ああ、こういうやつらもついに
 デジタルの波にのまれやがったのか
 インターネットとかしたかったのかなぁ」
などと呑気に茶をすすっていた。

目に見えないけど神も信じるし悪魔だっていると思う。
かつて、一家の嫡子として四国の金毘羅さん参りをして
どうやら我が家にとりついているらしい存在の
成仏を願いに行ったことがある。
なぜ我が家についたのかその原因は一応分かっていた。
あの本堂まで756段、奥の院までいくと1356段だったか
とにかくものすごい長い階段の上にある大きな神社だ。
本殿と奥の院でお参りをして成仏を願ってしばらく・・・
すごく体が軽くなった。まぁ気分の問題かもしれないけど。

こういう目に見えないものの存在にたいして
恐れをもたずにあるときは対等に
あるときは敬って対応するという考えを
持つようになったのは
昔から水木センセの本をよみふけっていたせいだろう。
「小豆はかり」がいったことに
子供ながらに感銘を受けたことを今でも覚えている。


100_0023.jpg

12/06

以前はMIXIで日記をつけていたのだが
その日記をこのサイトにリンクしたら以前の分が
見れなくなっちまった・・・
まぁいい。また日々を刻んでいけばええんや。

んで前にも書いたことのある「その日の天使」
疲れているとき、落ち込んでるときにそっとやってきて
心を和ませてくれたりする天使のような存在。
誰にも一日にひとつはそんな存在があるのだけど
不思議と元気な人や絶好調の人は気がつかない。
きっとそのときは必要ないからだろう。

誰でもそんな「天使」の存在に
頼りたくなるようなときがある。そう、誰にも。
かつて最大級のタナトスの闇に
飲み込まれそうになっていたとき友人が俺にいった一言。

「あのさ、お前の手札ってそないに悪くもないんちゃう?」

そう聞いてそのときはなんだコイツよくわからんことを
言うやっつやなぁと思っていたのだが、
後になって
「要は現実はひとつだけど
 捉え方しだいでよくも悪くもなるってことかな」
っていう考えにたどり着いた。

そのことを書いたのが高校1年の春の日記。
今日休憩がてら昔の日記を読んで改めて実感した。

「俺の手札はそんなにわるいもんじゃない」
あの日のあいつはあの日の天使でもあり同時にまた
今日の天使でもあった。

全てのの愛しき友に「その日の天使」よ訪れん。
やむことなき雨はなく、そして日もまた変わらず昇らん。
昇る朝日

12/05

この写真は京都の稲荷大社。昼間にいってもおもしろいが
夜のほうが断然おもしろい。
鳥居の外側に白熱灯があるので影の形が
ちょうど格子調になってすごく幻想的なのだ。

ただ何千本も鳥居があるのでなんだか同じところを
堂々巡りしているような気分になる。
ファミコンのゴエモンの音楽なんかが
バックミュージックにぴったりだと思ったのは
俺だけではないはずだ。

「真言結界に迷い込んでもうた!」
「いや、これはDQ3の無限ループちゃうか?」
などと友人UTとはしゃいで回った。

楽しいのは確かなのだが夜に行くときは
誰かと一緒に行くことをおすすめしますわ。
一人だとマジこわい・・・
稲荷大社

サクラサケ!

カテゴリ:写真

12/05

サクラサケ!

これはこの間知恩院に行ったときに撮った写真。
なんとサクラが咲いていた。珍しいしなにより縁起がいい。
次の春こそは本当のサクラをさかしてみせようと
決意を新たにしたしだいであります。

ちなみに最近撮りたい被写体だけはっきりとって
背景をぼかして撮る方法が少しずつわかってきました。
ちょっと自慢でした!

本バトン

カテゴリ:バトン

12/05

またcolourさんからバトン奪いました。俺って奪いすぎ?

1.持っている本の冊数
活字の本は100冊近い。
漫画は最近ブックオフで売ったのが多いので
今はあまり持ってない。
でもワンピースとしっぷうどとうだけは手放せない。

2.今読みかけ又は読みたい本

時間ができたらひたすら
東野圭吾さんと中島らもさんの本を読み漁りたいなぁ。
今はセンター試験の問題集ばっかりやってます・・・

3.思い入れのある、心に残った本
東野圭吾「片思い」「変身」「宿命」
    「パラレルワールド・ラブストーリー」
    「あの頃僕らはアホでした」「白夜行」
    「昔僕が死んだ家」「レイクサイド」
    「ゲームの名は誘拐」  

中島らも「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」
    「恋は底ぢから」「獏の食べ残し」
    「僕にはわからない」 

しっぷうどとうは剣道の漫画。
高校時代剣道部にいたためものすごくハマッた。
実際のルールとは若干違うところがあるけど
あの臨場感がたまらない。なんかこう血が騒ぐ感じ。

中島らもさんの本を最初に読んだのは高校時代。
以後彼の本に多大な影響をうけることになった。
いい意味でも悪い意味でもだけど・・・

東野圭吾さんの本は割と最近読み始めた。
とにかくこちらの予想を裏切ってくれる展開がたまらない。
パラレルワールド・ラブストーリーが一番のお気に入り。
最近彼の本が何冊か映画化されてるはず。

あと水木しげる先生の本はどれも大好き!
境港のブロンズ像の写真もとりまくりましたわ。 
100_0013.jpg

12/02

101_0290.jpg


マッキーからバトンをうばったので
ここで書きたいと思います。

■Q1あなたは賑やかな人と大人しい人どっちですか?
基本的には賑やかな方。でも結構おとなしいときもある。
ものすごく落ち込んでるときもわりとよくある。

■Q2:あなたの性格に相応しい単語を5つ挙げてください。
なにか物事をやるかやらないかで迷ったらとにかくやる。
どうせ後悔するならやってから後悔した方がなっとくいく。
優しい一面もあるけど悪人もまれに出てくる。
基本的にまじめ。
やると決めたら一直線ゆえに融通がききにくい。

■Q3:好きな友達のタイプは?
基本的にみんな好きかなぁ・・・嫌いなタイプの人以外は。
■Q4:嫌いな友達のタイプは?
思いやりのない人。人の悪口を影でコソコソ言う人。

■Q5:立ち直りは早い方ですか?
はっきりいってすごく遅いと思う。
ただ立ち直ったらもうそれはなかったことにするので
傷に触れられてもネタにできる。
人間は挫折しないのが大事なんじゃなくて
克服した挫折の数が大事なんだと思う。
■Q6:恋人にしたいタイプは?

甘えてくれてなおかつ甘えさせてくれる人。
基本的に好きな人の力になりたいなぁ。

■Q7:恋人と一番の親友、選ぶならどっち?
難しい質問やなぁ。今までは恋人いなくても生きていけたけど
親友がいなかったら生きていけなかったと思う。
ただ恋人ができたらその考えも変わるとおもうなぁ。

なんかすごいクサイせりふのあるような気もするけど
許したってください・・・

あと写真はなんとなく
話題に合った写真を選んだつもりです。
ちなみに境港に行く途中でとりました。

12/02

趣味はたーっくさんあるんですけど
スキューバダイビングもするんです。
ただ一度潜るのに一万くらいかかるので今は沖縄行っても
素潜りばっかりでしょうね。
素潜りでも15メートルは潜れるんですよ。
私の隠れた特殊アビリティーのひとつです。
ちなみに座間味とは沖縄本島の西
40㌔くらいにあるしまです。
海の綺麗さでは世界でも有数だそうです。
去年は夏の間その島でダイビングショップで働いてました。
素潜りのアビリティーはそこで身につけたものです。
沖縄に行く際はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう?
座間味の海

ようやく復活

カテゴリ:受験

12/02

こないだの河合センタープレのショックから
ようやく完全復活しました。
サイヤ人は瀕死の重傷からたちなおると
さらにパワーアップするといいます。
そんな感じでワタクシも意気込みはパワーアップしました。
見ておれカカロット!、ではなくセンター試験!

12/02

こんにちは、管理人のyanです。
ネット歴は結構長いのですが
こういうページを作るのは初めてです。
まだまだ至らないところはあると思いますが
そこら辺は大目にみてください・・・
これからちょくちょく日記と写真を載せていくつもりです。
ただ今結構忙しいので
あんまり頻繁に更新できないかもしれません。
とにかくこれからがんばりますのでよろしくです。
トップへ | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

管理人オススメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。